進研ゼミ中学講座中高一貫

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

進研ゼミ中学講座中高一貫の中学1年生向け講座の1月号のしめ切り日は1月12日(金)、進研ゼミ中高一貫の中学2年生向け講座の1月号のしめ切り日は1月9日(火)、進研ゼミ中高一貫の中学3年生向け講座の「時間の比較的ある冬休みに中学課程の内容を固めて、高校課程のポイントをしっかり理解できる」1月号のしめ切り日は1月12日(金)になります。

進研ゼミ会員の方の紹介で、お友達、ご兄妹が入会すると、紹介者、入会者それぞれにプレゼントがもらえるサービスがあります。
進研ゼミの友達紹介制度について icon

進研ゼミ 難関私立中高一貫講座の特徴 icon

ベネッセの通信教育サービスである進研ゼミの難関私立中高一貫校の生徒向けの通信講座です。普通の公立または私立の中学、高校よりも学習進度が速い難関私立の中学、高校の授業に対応した講座になります。 中高一貫校に合わせた「6年間のオリジナルカリキュラム」に基づき、中学課程3年間分を2年間で学習します。また、進研ゼミにリクエストすれば、追加費用なしで、進度を学校に合わせた教材を送ってもらうこともできます。なお、2015年2月現在、中1、中2、中3生用の講座は設定されているものの、高校生用の講座は用意されていないようです。(今後対応してくるものものと思われます。)

毎月送られてくる教材、Web学習、および映像授業(数学、英語)で学習し、通信添削の問題を解いて送ると、赤ペン先生が添削指導してくれる学習システム。学校の授業対策、定期テスト対策、大学入試対策の教材として活用できます。

私立中学生専用の【進研ゼミ・難関私立中高一貫講座】

通常の「進研ゼミ中学講座」の口コミはこちら

■進研ゼミ 難関私立中高一貫講座についての口コミを探してみました。■

進研ゼミの口コミといえども、難関私立中高一貫講座にしぼってしまうと、口コミはあまり多くはないようですが、ネット上では比較的高評価と言えますね。進研ゼミの教材は「丁寧でわかりやすい。信頼できる。」という評価はあるものの、一部の人から「応用問題、発展的内容が弱く、簡単すぎる。」などと、ネガティブに評価されていました。

「難関私立中高一貫講座」は、進研ゼミのこの弱点を補う教材と言えるかもしれません。実際、「教材のレベルが高い」、「やりがいがある」という評価がありました。教材の質そのものが評価されているようです。また、中高一貫校の生徒でない公立校の中学生でも、学力に自信があり、通常の中学講座に満足できない場合は、こちらの中高一貫講座も1つの選択肢になりうるでしょう。

■進研ゼミ 難関私立中高一貫講座の特徴■

  1. 多くの中高一貫校にカリキュラムに合わせて、中学課程3年間分を2年間で修了し、高校2年生までに、高校3年生まで全カリキュラムを履修。高2・高3の2年間をかけてじっくり難関大学に向けた受験対策ができる。
  2. 映像授業で単元の重要ポイントを理解できるので、初めての単元でも予習しやすい。(英・数のみ)
  3. メインのテキスト教材<チャレンジ>で学習内容を理解し、段階式演習問題により基礎から発展問題までを演習できる。
  4. 良問を解き、添削指導を受けることにより、思考力、表現力、答案作成力を養うことができる。
  5. 難易度に応じて2つのコース(難関スタンダード、難関ハイレベル)が用意されている。(英・数のみであるが、英語、数学それぞれ、2コースから任意に選択できる。)
  6. 学校と進研ゼミの授業進度が異なる場合、進研ゼミに「リクエスト」することにより、希望の単元を届けてくれる(追加受講費は不要)。難度の高いプログレス21に対応した教材や、高校範囲の教材をリクエストすることも可能
  7. 会員専用のインターネットサイト<チャレンジネット>があり、理解を深めるための映像授業、アニメーションなどのWeb教材を24時間365日利用できる。
  8. チャレンジネットの<教科質問ひろば>でよくあるQ&Aを閲覧することにより、多くの疑問点が解消でき、Webで個別に質問できる。質問は翌日までに回答をもらえる。
進研ゼミ難関私立中高一貫講座 中1講座の詳細 icon
進研ゼミ難関私立中高一貫講座 中2講座の詳細 icon
進研ゼミ難関私立中高一貫講座 中3講座の詳細 icon

進研ゼミ難関私立中高一貫講座のお申し込み icon
このページのトップへ